カンボジアの技能実習生が日本を救う

  • 人材確保の手段としてのカンボジアの実習生受け入れ

    • 景気回復に伴う昨今の人手不足はかなり深刻な状況です。

      各地域が発表している有効求人倍率については1%超えは普通ですし、特定の業界、介護業界や建設業界等では2%を超える有効求人倍率となっている業界もあり、人材の奪い合いといった状況にもなっているのです。
      優秀な人材をなんとしても確保したい、またできるだけ長期間にわたって労働力を確保したい、経営に携わる層であれば切実な思いにもなっています。

      あなたの知らないカンボジアの実習生の情報を提供中です。

      それでは、現下の状況からして、どういった手法で有能な労働力を確保できるといえるでしょうか。
      労働力を安定的に確保する答えとしては海外の労働市場に目を向けることだと考えます。

      東南アジアの発展途上国には、真面目、温厚、勤勉で集団にも溶け込みやすい、日本の労働環境に適した人材を提供できる国があります。
      それがカンボジアからの実習生受け入れの制度になるのです。



      現地から、日本で働きたいという意欲を持つ人材をリクルートし、選抜するのですが、採用面接では合格と補欠合格を決めるということがポイントになります。
      補欠ということは、身分が保証されないということでもあり競争意識を煽ることにもなるからです。


      来日する前には、4か月から半年は日本語の訓練、日本式教育の実践により日本企業に適した実習生となるよう、教育が徹底されるケースが多いようです。

      実習生が日本に派遣されるのは概ね3年間となりますが、この半年あまりの事前研修が非常に重要な期間となるのです。



      カンボジアの国柄は、温厚な仏教徒ですから、日本のスタイルにはかなりマッチしているといえます。


      カンボジアからの実習生受け入れは人材確保のうえでも優位な選択肢のひとつになると考えます。