カンボジアの技能実習生が日本を救う

  • カンボジア実習生の特徴について

    • 外国の人が日本の企業で働くことで日本の高い技術を身につけ、自国の発展を担う人を育てる目的として創立された国際協力の1つに外国人実習制度があります。制度は企業単独型と団体管理型の2つの形態で援用されており、通常規模の企業の場合には後者が広く利用されています。外国人実習制度は総合支援機関として公益財団法人国際研修協力機構(略称:JITCOジツコ)の存在があり、現在、送り出し国政府15ヵ国と文書の取り交わしが行われています。

      カンボジアもその中の1つであり、高い志と温厚で協調性のある国民性から高い評価があります。


      カンボジア実習生の特徴は大きく3つの内容を挙げることができ、まず国民平均年齢が25歳と非常に若い点があります。
      国勢としては1970〜80年代には非常に不安定であったものの近年は安定しており、国民の7割が30歳未満、平均年齢が25歳程度と若い人口構成を持つなど急速に成長をしています。

      カンボジアの実習生情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

      次に政府が教育環境に対して協力的な点があります。


      カンボジア政府は従来より公務員を日本に派遣するなど取り組みを行うなど、政治的にも深いつながりを持ちます。カンボジア実習生においても帰国後の評価が高く、政府にとっても制度の活用が経済発展にとって大きな効果があると捉えられています。



      カンボジア実習生は、実習生自体が日本で働いてみたいという高い意欲があります。



      国内企業も数多く進出をしているために事業に対しての理解も深く、関心が集まっています。
      また、地方出身者が多いことから純朴な面も大きく、両親や家族、年配の人を敬うなど日本人によく似た性格があります。