カンボジアの技能実習生が日本を救う

カンボジアの技能実習生が日本を救う

カンボジアの技能実習生が日本を救う

日本はすでに少子高齢社会に突入しており、人口がどんどん減少していく状況になっています。長い経済不況から抜け出だそうと色々頑張っており明るい兆しがないわけではありませんが、今後日本経済が発展していくのにネックになるものの一つが人手不足だと言われています。

安心できるカンボジアの技能実習生の最新情報が知りたい方にはこちらです。

少子化で若い労働力の確保が難しくなってきており、実際に特定の業種などでは人材が確保できずに大変な状況になっているケースがあります。


この人手不足状況は今後全業種に拡大していくと予想され、経済成長の足を引っ張る可能性が高いです。


人手不足を解消する方法として注目されているのが外国人技能実習生の活用です。
日本経済は衰えたといっても、発展途上国から見ればまだまだ技術力もあり賃金も高いですから、外国人技能実習生から見れば日本で働くことは魅力的で、日本で働きたいと希望する人はたくさんいます。


これをどんどん受け入れて活用していけば、日本の労働力不足を補うことが可能です。



外国人労働者を受け入れる場合、どこの国から受け入れるかは重要な論点ですが、今注目されているのがカンボジアの技能実習生です。
カンボジアの人達は日本と同じアジア圏の人なので親しみがありますし、考え方や性格なども日本人に近いものがあります。



カンボジア人のほとんどは仏教徒で真面目で勤労意欲も高く、奥ゆかしい性格も日本人に似ています。カンボジアでは若い技能実習生を積極的に海外に送り出す事業を行っていて、語学研修などもしっかり行うので質の高い労働力になりえます。

  • カンボジア留学の基礎知識

    • 外国の人が日本の企業で働くことで日本の高い技術を身につけ、自国の発展を担う人を育てる目的として創立された国際協力の1つに外国人実習制度があります。制度は企業単独型と団体管理型の2つの形態で援用されており、通常規模の企業の場合には後者が広く利用されています。...

      detail
  • カンボジア留学の常識

    • 景気回復に伴う昨今の人手不足はかなり深刻な状況です。各地域が発表している有効求人倍率については1%超えは普通ですし、特定の業界、介護業界や建設業界等では2%を超える有効求人倍率となっている業界もあり、人材の奪い合いといった状況にもなっているのです。...

      detail
  • カンボジア留学のコツ

    • カンボジア実習生の受入では、相手国の窓口になる送出し機関の選定が重要な要素となります。外国人技能実習制度においては現地法人や合弁企業、取引先企業の職員を受入れて行う企業単独型と、協同組合や商工会など、いわゆる監理団体を通じて行う団体監理型があり、一般的な企業形態であれば後者が利用されています。...

      detail
  • カンボジア留学の知りたい情報

    • カンボジアは1970年代のポルポト政権下で行われた知識人層を中心とした大量虐殺により国の産業の発展の基礎となる技能を有する人材を多く失ったため近隣の東南アジアと比較して発展が遅れている状況にあります。その賃金を比較しても近隣諸国の数分の1程度の金額という状況です。...

      detail